ネットで無料観戦してみよう

 

ネットでレースを観る方法

競馬、ボート、競輪、オートと公営競技がある中で、ボートレースについてはいつでもネットでレースが観られるようになっています。しかも全場の全レース、一般戦・G2・G1・SG、どんなグレードのレースであっても無料配信です。ネット投票の比重がどんどん大きくなる中でこれはとても大事な事だと思うのですが、他の競技では権利の関係もあるのか有料契約が必要だったりする場合もあり、面倒な事があるようです。個人的には全レース無料配信のボートレースは「太っ腹!」だと思いますね。

「ボートレース場に行く前に実際のレース中継を見てルールを確認したい」という場合にも、レース映像が無料で観られるのはとても嬉しいことですね。

 

ではどうやって観ればよいのか。まずはボートレース公式サイトに行きましょう。先にスマホでアクセスした場合の画面をご紹介します。

スマートフォンでアクセスした時にライブ放送を閲覧しようとすると強制的に電話投票用アカウントのログイン画面に飛ばされてしまうため、トップページをガーっと一番下までスクロールさせてパソコン版のWebページ(ログインせずに鑑賞できる)に切り替えてしまいましょう。(PCからアクセスした場合にはこの切替は不要です)

パソコン版のトップページに「本日のレース一覧」というボタンがありますので、それをクリックします。

本日開催中のレース場一覧がバーっと表示されます。それぞれの場の情報がある中で一番右側の所に「ライブ&リプレイ」のボタンがありますので見たい場の所のボタンをクリックします。レースが開催される時間帯は場によっても違いますがモーニングからナイターまで、8:50~20:50くらいまでの時間帯でライブ配信を楽しむ事が出来ます。

これはちょうど配信中だったボートレース桐生のライブ画面。このように全国24場で開催中のレースは全て無料で観ることが出来ます。簡単ですね!

ライブ画面の操作について簡単に説明。まず左の3つのボタンでライブ配信モードと過去のレース録画ライブラリ閲覧モードを切り替えます。過去レース録画は3ヶ月間ほど映像が保持されていて、後から幾らでも観ることが出来ます。思い出になったレースや当たって良い思いをしたレースをもう一度見たい!という時にも安心ですね。

そして右側、レース番号の所をクリックすると選んだレースの情報が出てきます。終わった後のレースであればそのリプレイ動画が観られるわけですね。これから行われるレースであればそのレースに関する細かな情報が確認出来ます。

出走表の辺りのタブにも触れておきましょう。6つのタブで表示する情報を切り替えます。デフォルトでは出走表がまず表示されますが、オッズやスタート展示のスリットラインの模様、展示航走のタイムやここまでの選手の成績など、色々と確認が出来ますが、見ることが多いのは左3つのタブでしょうか。

なおレースが開催されていない時間帯、あるいは非開催日にライブ画面にアクセスすると過去のレース一覧が表示されます。それぞれのレース番号をクリックすることでリプレイ映像が観られるようになっています。