#21 ボートレース芦屋

 

行く

ボートレース芦屋はJR鹿児島本線の遠賀川(おんががわ)駅が最寄りとなっており、ボートレース若松とかなり近い場所にあるモーニングレース場です。その開催時間の早さ(開門8:15、1R締切8:56!)と立地から、旅打ち的にはおそらく前泊が必須になる場でしょう。ボートレース若松でナイトレースを見て、近くに宿泊して、朝早くに遠賀川に向かう、というのが無駄なく2場行けるパターンになるのではないかと思います。

前泊を考慮するとボートレース若松同様に黒崎駅・小倉駅辺りが起点になると思います。特に黒崎駅・遠賀川駅からは朝8時より無料タクシーが利用可能ですので時間的に問題がなければ利用しましょう。黒崎駅のタクシー乗り場は北口の階段を下りた所にあります。(繁華街の反対側の出口)

ただし乗り合い前提なので、人が集まるまで少し待つ事があるのと、知らない人と乗るというのに抵抗があるという人はそのまま遠賀川まで電車で移動、遠賀川駅前から路線バスで良いと思います。(朝8時以降であればここからも無料タクシーがあります)午前8時より前に行動して場外をあちこち見て回りたい!という時には有料ですが芦屋タウンバスで行くことができます。外向も7時からオープンしていますので早めに行ってそちらを見て回るのもよいでしょう。

初めて行った時の遠賀川駅は2017年8月30日に発生した火災で駅舎が全焼、仮設の駅舎になっていました。今はプレハブのもうちょっとだけマシな駅舎になっているのだとか。芦屋タウンバスは駅を出てすぐ右側辺りから出ています。本数は多くないので予めネットで調べておくとよいでしょう。下りるバス停はズバリの名前ですが「芦屋競艇場入口」です。広大な駐車場の入り口で下りる事になります。

以下は参考までに、黒崎に宿泊して現地に行き、最終レースまで遊んでから北九州空港に戻るまでの、実際に使用したルートです。

黒崎駅 07:23発
|JR鹿児島本線 鳥栖行
遠賀川駅 07:35着~0749発
| 芦屋タウンバス 芦屋中央病院前・はまゆう団地行
ボートレース芦屋 0757着
ボートレース芦屋 12R終了後発
| 無料送迎バス 折尾駅行き(遠賀川駅前経由)
折尾駅西口 1540頃着~1553発
|黒崎・折尾・学研都市→北九州空港バス
北九州空港 17:02着

 

場内設備

ボートレース芦屋の入り口は駐車場から見てちょっと小高い所にあり、スロープになっている所を少し上って行くことになります。先に外向などに行っていて正面ゲートに行こうとするとそれを実感しますね。入り口には大時計とお馴染みの笹川像が。ちなみにこの笹川像は全場必ずどこかにあるので探してみましょう。ゲート前のロータリーに立つと本場の真ん中にある大きな塔が目を引きます。

場内は結構綺麗ですね。ボートレース芦屋(芦屋競艇場)は以前は別の場所にあり、1952~1969年まで開催していた場所から移転して現在に至ります。2003年に新スタンドが完成して運用が始まったということなので、なるほどまだ新しい感じがするのは納得ですね。

 

1F無料スタンドは1600席とやたらふんだんに用意されているので座る場所に困ることはないでしょう。黄色と青の2色で構成されているのですが、同色で並べたり互い違いだったり、よくわかりませんが妙なコダワリがあるようです。

ボートレース芦屋のマスコットは「アシ夢(む)」なのですが、一体何モチーフなのかさっぱりわかりません。結構真面目に調べてみたのですが…羽があるから何かの鳥なのでしょうが、妙に丸っこいわがままボディだし、オフィシャルにも情報は無いし…まあ可愛げはあるしマスコット然とはしているので、三国のカニを思えば相当にマシと言えるでしょう。そういえば芦屋・若松・丸亀では「ていゆうニュース」が売っていますので「アダムスキーぼうや」の存在を思い出すのですが、こちらも謎と言えば謎ですね…

競争水面際に出て2マーク側に歩いていくと公園があります。これがまた結構大きな公園になっていて遊具も有り、親子連れでも非常に安心感がある施設となっています。モーニングレース場ですから親子で朝から来るかどうかと言えば微妙ですが…どうなんでしょうね。土曜日に行ったので昼前にはボチボチ親子連れはいましたが。

競争水面挟んで反対側、外向発売所「アシ夢テラス」に行ってみましょう。朝7時からオープンしているこの外向発売所、道路側にドーンとボートレースロゴの看板があって「圧」が凄い。自転車とのスケール差でその圧を感じていただければと。この辺の道路は中継を見ていると1マークの奥にチラチラ見えますね。ちょっとした軽食が頂ける「ASHIMU CAFE」が併設されています。

で、これがアシ夢テラスの凄い所なんですが…これです。なんと競争水面の1マーク寄りの所を本場の反対側から観戦できます。え?100円払ってないのにいいの??しかもこっちのアングルの方が面白い事もあるだろうに…まくりが決まる時とか。外向が競争水面の裏にある場と言えば常滑や蒲郡などもそうですが、両方ともビジョンやフェンスに隠れて本場のレースは見えないようになっています。どういう経緯でこのテラスが出来たのか…太っ腹仕様ですね。本場と行ったり来たりするのは大変ですけど。だらだら歩くと10分くらいかかります。

さて有料席の紹介です。有料席は2Fにある700円の1/2人席、5名定員の1500円席、10名定員の2500円席、そして3Fのロイヤル席が1500円です。無料クーポンを使って入ったのでまだ700円席しか入れていませんが、ロイヤル席もそこまで高い感じはしませんね。シングル席は2Fの2マーク寄りに配置されており、2人席が1マーク寄りとなります。自販機はフリーとは行かず有料です。

で、一般戦の時にシングル席に入ると最寄りの投票所である「特2投票所」がクローズされているんですね。なので舟券を購入しようとすると1マーク寄りの特1投票所に毎回歩いていく必要があるという…これがまた結構遠いです。70~80mくらい歩くのかな。多分グレードレースの時は開放するんでしょうけど、ちょっと頂けません。

 

観戦する

ボートレース芦屋は現在インが強い場になっており、逃げ率50%なのだとか。チルト角度は3度まで使えますが水面も広いですし届かない事が多いのかなと。まくり一発のアウト屋にとってはイン逃げ王国大村に次いで受難の水面かもしれません。

ボートレース芦屋に入る時に大きな塔が立っているのが見えたはずです。この塔には場内からエレベーターで上がることができます。周りの景色は相当に良いのですが、競争水面の見え方はこんな感じでして。競争水面の向こう側にはちょっとした森があり、その更に向こう側には航空自衛隊芦屋基地の広大な敷地が広がっています。

ということで塔から綺麗な景色は見えるのですが、機密保持の観点から撮影には十分に注意しましょうという旨の注意書きが貼られています。競争水面以外の風景については実際に行って確認してみて下さい。

 

食べる

ボートレース芦屋の食事事情ですが、メインの食事処は1箇所、レストラン「まんぼう」があります。実際の所ここが相当にまともな食堂なのでそれが1箇所であっても食事にはあまり困らないという状態です。特に定食系が充実しているのが有り難くて、店頭のメニューで中段に定食が並んでいますが、1号艇~6号艇までの番号がついた6種類の定食が用意されています。あとは麺・丼・カレー・酒類とスタンダードどころも押さえていますね。

あとは競争水面際、B1Fにファーストフードプラザがあり、ここでもうどん・そば・カレーなどの軽食が頂けるのですが、ここで食べられるミニカレーが嬉しかったですね。ミニなので朝食にちょうどいいサイズ。サクサクっとレースの合間に5分くらいで頂ける250円メニューです。安い!

 

泊まる

ボートレース芦屋はモーニングレース場ですから前泊が多くなるでしょう。最寄りで宿泊施設が多いのはやはり黒崎駅周辺になります。ここはボートレース若松と変わりません。

参考リンク: 黒崎駅周辺のビジネスホテル (じゃらん)
参考リンク: 小倉駅周辺のビジネスホテル (じゃらん)

翌日の動向次第ですが、近場の選択肢はあまり多くない印象です。