#20 ボートレース若松

 

行く

ボートレース若松は九州に5つあるボートレース場の中で最も東に位置しており、北九州工業地域(社会の時間で習う奴ですね)のど真ん中、洞海湾に面した場です。

最寄りの駅は筑豊本線の「奥洞海」(おくどうかい)駅となっており、駅の位置だけを見ると戸畑・若松方面から行けるのではないかと思うのですが、若戸大橋の辺りを渡る鉄道路線はありません。何度か調べてみた限りでも折尾からしか行けないようです。車であれば若戸大橋を渡れるので小倉方面からはダントツに近いルートになるでしょう。車が無い場合、若戸大橋近辺に関しては北九州市営の渡し船「若戸渡船」が存在します。100円らしいです。場所は若松駅・戸畑駅から離れており、若松からは徒歩15分、戸畑駅からは徒歩7分だそうです。ちょっと初見だと大変かもしれませんね。

ということで基本ルートからはこの行き方を省きますが、まず遠方から空路で来た場合、これは北九州空港になるでしょう。スターフライヤーの本拠地ですので航空運賃も安く済む可能性があります。北九州空港からは各方面へのバスが出ており、折尾駅方面のバスを利用します。運賃は800円です。

折尾駅前でバスを下りてから筑豊本線に乗り換えです。空港から来たバスは駅の裏手にある停留所に止まります。帰りも同じ場所(の道を挟んで反対)にある停留所から空港行きのバスに乗ることになります。近くのボートレース芦屋に行った場合もこの折尾駅まで戻ってきて同じ空港行きバスに乗ることになるでしょう。

筑豊本線は約30分に1本、毎時29分・59分に出ていると覚えておくのがよいでしょう。

折尾駅から奥洞海駅までの所要時間は10分程度です。奥洞海駅はご覧の通り「はるばる……来たなあ……来たんだけどなあ……」と何とも言えない気持ちになる外観です。帰りは無料送迎バスでよいでしょう。この辺りの宿泊地としては(細かくは後述しますが)黒崎駅周辺しか無く、そこまでバスで行くことになります。

 

場内設備

2004年5月よりナイター開催が始まり、2008年3月より通年ナイターとなったボートレース若松、ここ10年位の話なのですね。そしてすぐ近くにボートレース芦屋があり、選手宿舎を共用していたために同時開催が不可能、若松側に選手宿舎を新設してようやく同時開催が出来るようになったんは2010年の話なのだとか。これも最近の話と言えますね。

場内は東西スタンドに分かれています。東スタンドのほうが新しく、フードコートなどがあるのもこちら。椅子や内装などもボートレースカラーの6色に分かれてカラフルですね。西スタンドはそれよりは古い印象ですが別に汚いとかそういうことではありません。有料席(ロイヤル席)があるのはこちら。

東西スタンドの間には巨大なホールがあります。ここまで大きいホールは他場でもあまり見ないですね…戸田くらいでしょうか。そしてこのホールのすぐ脇には艇王・植木通彦記念館があります。(モンキーターンの榎木さんのモデルだよ)現在はアンバサダーとしてボートレース業界の活性化のためにあちこちでトークショーなどされていますね。あとなぜか始球式とか。

ボートレース若松のマスコットは「かっぱくん」で、どうも若松という土地は河童伝説があるらしく、それに因んでなのだとか。他に色違いの河童たちがおり、4人で「かっぱくんファミリー」を構成しています。「ひめちゃん」「わかちゃま」「こひめちゃん」ヒネリ無しのストレートな名前ですね…ホールには「かっぱくんひろば」というインフォメーション兼売店があり、ボートレースグッズなど買えるのですが…かっぱくんグッズが無い!!どうなってんの!!と愕然としたものです。JLC提供の、どのボートレース場でも売っているグッズはあるのですが、若松オリジナルのかっぱくんグッズはぬいぐるみくらいで、ハンドタオルとかマグカップとか、実用的な物は無かったです。悲しい。

西2Fは無料スタンドになっており、1マークの攻防を見たい場合にはこちら。この真上が有料席になっています。ここの座席数はオフィシャルによれば1352席あるとか。

そういえば入場する前に駐車場にあったこの目立つ建物、何かと思ったらトイレでした。なぜ駐車場のど真ん中に作ったのかはよくわかりませんが…外向が閉まった後の時間でも利用できるようにという配慮なのでしょうか。あるいは外向オープン前の時間か。競争水面に出てみると水はボチボチ綺麗そうです。工業地域なのでどこまで綺麗なのかはわかりませんが。

外向発売所「カッパ☆ピア」はボートレース若松の本場と密着しています。2011年12月に新しい建物としてオープンし、土地柄なのでしょうか、面白いことに場外車券発売所「サテライト若松」が併設されています。競輪と言えば発祥の地・小倉がすぐ近くですから公営競技ファンとしてはそちらの盛り上がりもあるのでしょうね。またカッパ☆ピアの中にはコンビニのポプラがあります。公営競技とポプラの親和性も高いですね。

さて有料席の紹介です。ボートレース若松は500円のA指定席と1000円(SG/G1時は3000円)のロイヤル席がありますが、A指定席はSG/G1開催の時しか開放されませんので一般戦の日に行ったならば必ずロイヤル席を使うことになるでしょう。名前通り座席も結構ロイヤルな感じでゆったりしていますし、なぜか場内庭園があったりと、全体的に雰囲気がロイヤルです。

 

デスクの上には液晶モニタがありまして手前のコントロールボックスで操作するのですが、これどこかで見たことありますね…そう、平和島劇場にあるのと同じタイプです。チャンネル数が違うのでボタン数も少ないですが。あと電源コンセントは無かったように思います。液晶モニタの裏にHDD用のUSBコネクタがあるので、ケーブルがあればそこから給電出来るかも、です。

その他ロイヤル席のサービスとして、マッサージ機が無料だったり自販機式のフリードリンクがあったり、あとゆったり座れるソファーが沢山あったり、ボート雑誌やスポーツ紙が置いてあったり、おまけにフリーおしぼりだったり、もうこれで1000円なら全然いいわ!毎回使うわ!と思わせる程度に豪華でお得です。旅打ちの際には是非利用しましょう。

 

観戦する

何度か申し上げています通り、ボートレース若松は北九州工業地域を構成する洞海湾に面した場のため、2マーク側が特にそうなのですが多数のクレーンが見えており、工業地帯っぽさを醸し出しています。このクレーンは日本造船鉄工・東洋造船鉄工などの造船メーカーのものですね。

初めて行った時にはあいにくの小雨模様でしたが、天気がどれだけ悪くてもナイター場ですから夕方になってライトアップされれば美麗な競争水明になります。ナイターはどこの場であっても問答無用に美しいですね。

ボートレース若松は優勝戦限定ですが、ゴールした後に結構な数の花火が上がります。これを忘れていて「いやーおめでとー」なんて呑気に優勝者に手を振ろうと思ったら急に花火が上がって心臓がひっくり返りました。

 

おまけ:23万舟レースを見る

進入固定レースと言えば124ボックスみたいな所がありますが、このレースもご多分に漏れず1-2-4が3.9倍という偏った配当だったのですが…1マーク2マークで転覆が発生してワチャワチャした挙げ句にそこを差し抜けたのはなんと6号艇…しかもこの6号艇は2連単史上最高配当額579900円を芦屋で叩き出した若手の新海航(わたる)選手。つくづく高配当と縁がある選手です。

この時の3連単配当は6-2-3で237350円!隣に居た知らない人と「いやーこれは無理っすねアッハッハッハ…」と力なく笑うしかなかったですね。なおその人は翌日ハシゴした芦屋でも遭遇しました。お互いボート好きねえ…

 

食べる

ボートレース若松は食べる所が豊富にあり、食事事情は相当に良いのではないでしょうか。西スタンド側には「洞海うどん」「やきとり かっぱ」の2店舗が食事処として用意されており、売店もあります。ここの串もの、かなり良かったですね。

イベントホールにも食事処があります。「グランドホープ」という店舗で座席数が多いのでちょっとドリンク片手にのんびりと…というのも可能。カレーやうどん、ラーメン等のスタンダード売店メシ的なものがメニューとして用意されています。

東スタンドにはフードコートがあり、「豊ご屋」「麺家まるいち」がレギュラー店舗として、あとは月替り店舗が1つあるという形なのだとか。デザートや酒類は「まぁぶる」で頂けます。

東スタンドのイベントホール寄りの場所には外向発売所でも見かけたポプラがあります。来場者数も多いせいでしょうか、ボートレース若松の食事事情はやはり良いですね。

 

泊まる

ボートレース若松はナイターレース場ですから終わった後に飛行機に乗ってどこかに帰る…というのはほぼ不可能でしょうし、やはり近隣に宿泊する事が多いでしょう。そうなると宿泊地は黒崎駅周辺が中心となります。あと大都市で言うと小倉駅あたりでしょうか。翌日にどう動くかで選ぶのが良いかと思います。どちらにせよ選択肢はそこそこありますし、値段もお手頃です。

参考リンク: 黒崎駅周辺のビジネスホテル (じゃらん)
参考リンク: 小倉駅周辺のビジネスホテル (じゃらん)

例えば「翌日は朝早くからボートレース芦屋にハシゴするぞ!」であれば黒崎の方がずっと近いですし「ナイターをハシゴだ!ボートレース下関に行くぞ!」なら小倉駅でも良いですね。

 

おまけ:黒崎駅前で呑む

ボートレース若松から無料送迎バスで黒崎駅まで戻り、予約してあったホテルにチェックインして荷物を放り出してすぐ傍にある「エビス屋昼夜食堂」へ。なんとこの店24時間営業(月曜定休)です。魚介もおでんも何でもかんでもうまい。オールタイムうまい。メニューもやたら豊富、そういう意味ではとても贅沢なお店。カウンターのみで知らない者同士、肩触れ合う距離感ですがそれもまた一興。

最後に何かご飯物を…とヤキメシを頼んだら(炒飯じゃないのがいいね)がっつり一食分、結構な量のやつが出てきまして「残しちゃなんねえ」と頑張って食べたのは良いものの、苦しさで2時間ほど宿のベッドでゴロゴロすることに。こういうのはシェア出来る相手が居る時に頼むべきだった…でも美味かったです。