#01 ボートレース桐生

 

行く

電車で行く場合、ボートレース桐生の最寄り駅はJR岩宿(いわじゅく)駅になります。ボートレース桐生は阿左美沼(あざみぬま)という沼を利用して作られており、その沼を区切った淡水プール的なボートレース場です。

電車で行くにあたっては東武・新桐生駅でもよいのですがこちらは乗り合いのタクシー利用で発車時刻はまちまち。都心から最速のルートは浅草・北千住から特急りょうもう号で新桐生なので、その場合はこちらを使うとよいでしょう。無料送迎バスについては行き帰り共に岩宿便しかありません。両毛線で来た場合には駅前に無料送迎バスが待っていますので乗り込みます。駅前と言っても小さな停車場がある程度なのでバスってどこから乗るのー??と悩む事はないはずです。

上の写真で言うと、自転車に乗ったおじさんが居る辺りがバス乗り場です。電車を降りた直後なら同じくボートレース場に向かう人たちが居るので付いていくのもアリですね。なお岩宿からであれば15分くらい歩いてもボートレース場に行けますので、半端な時間に帰るような場合は少し長めの散歩と洒落込んでも良いでしょう。

 

おまけ:日帰りで行った時の話

都内に住んでいる場合は、ナイターの最終レースまで見た上で鈍行のみでも帰宅が可能です。結構複雑で慌ただしい行程になりますが、最終的には零時半頃に新宿に到着します。西東京の人であればまだ帰宅の電車がギリギリあるくらいですね。

で、土日に鈍行オンリーで行く場合には「休日おでかけパス」が有効です。小山と岩宿の間に「足利」という駅があるのですが、このパスの有効範囲がそこまであるので往復で考えると多少オトクに行くことができます。足利~岩宿の320円を追加で払うことになります。

初めて行った時にこのパスを使って利用したルートと時刻は以下の通り。(2016年10月時のメモより)

行き:新宿1109→小山1230→岩宿1333
帰り:岩宿2113→小山2327→赤羽2350→新宿2350

往路の320円は岩宿で電車を降りた際に駅の改札で精算、復路分は岩宿~足利までの320円分の切符を買っておいて最終下車駅(都内)で有人改札にて切符とパスを出す、という手順になりました。

 

場内設備

桐生は入り口が2箇所あり、送迎バス乗り場や外向発売所がある入り口(メインゲート)は北ウィング側になります。1M寄りの南ウィング入り口は主にそちらの駐車場に車を停めた人向けのもので、なぜかモアイ像がシンボル的に設置されています。なぜモアイなのかは謎。

こちらが北ウィング側入り口。本場に入るために外向発売所の中を通っていくという構造になっているのはちょっと珍しいですね。開門前には別の場所のレースを見ながら外向の中で待つことになります。

さて、まず場内に入ったら向かう(と思われる)のはこの南ウィングの建物にあるフードコート…ではなく、同じ場所にある総合インフォメーション、の横にある有料席チケット売り場です。券売機式で開門直後だと並んで買うことになります。いい席(後述)はすぐ無くなってしまうので。このフードコードの横にはイベントステージがあります。

有料席の前に無料席をざっと見てみましょう。全体的に建物が新しいですね。屋内スタンドは無料席でもドリンクホルダーがあったりして快適です。屋外での観戦も椅子のある部分は張り出した大屋根の下なのでよほど強い風雨でなければ、かつ前に行かなければ濡れなくて済むのでは。

続いて有料席ゾーン。1人で行った時などは豪華なシングル席もあるのですが、お得な500円席があります。赤い椅子のあるところの前から2列目までが500円ゾーンです。券売機まで段差を上るのでお年寄りに不人気だからでしょうかね。とにかく前のほうが安いです。そしてこの最前列の座席にだけ、コンセントがあります!これは激アツポイントですね。ただでさえ安いのにその安い席にだけコンセントがあるという。これは素敵。あと謎のCAT5Eポート。有線使えるノートPC持っていったことが無いので使えるかどうかはわかりません。

で、2列目以降を見てみるとこんな感じでコンセントがありません。その代りにドリンクホルダーが用意されていますね。そうなると500円席を取るなら最前列、というチョイスで良いのではないでしょうか。2列目を取る理由があまり無いような。

さて有料席で紹介しておきたいのはここです、ここ!ボートレース桐生にはいわゆるお座敷席があります。無料スタンド・有料スタンド、いずれも最前列にあってそれぞれ2000円・4000円です。お値段が違うのは無料スタンド側の席はモニターや電源コンセントがありません。有料スタンド側はあります。そのくらいでしょうか。4人くらいで行った時にはワリカンしても1人1000円ですからリーズナブルな設定ですね。あと有料席は1人のチケットにドリンク一杯分のサービス券が付いてくるので席料が丸々1000円という感じはしないですね。

複数人で桐生に行った際は是非一回体験しておくべきシートでしょう。最前列にあるので眺めも非常に良いです。なおこのシート、かなり人気があるため開門直後にすぐ取っておかないと無くなるので要注意です。

 

観戦する

競争水面向かって左手、北の2マーク側に赤城山があり、反対の南側1マークは盆地となっているため山側からの強風(これが「赤城おろし」)が吹き下ろす事がたびたびあり、それがレース予想を難しくしているところでもありますが、穴党にはそういう日のほうが有り難いかもしれません。そんな側面もありながら、晴れた日に行くとそれはそれは美しいボートレース場です。

桐生と言えば関東で唯一のナイター場です。夕方から夜にかけての空の色彩の変化とライトの光が相まって、これがまたとても美しい場です。阿左美沼はその環境から野鳥の群生地にもなっているようで、最終レース近くの時間になるとターンマーク付近や競争水面奥の消波板の所にズラリと鳥が並んで止まっていることも。

 

食べる

桐生の食事情はフードコートの存在もあり、良好です。

ラーメン屋「秘伝」で麺もの、新井食堂で同じくラーメンや定食、そして定食メインの「こめ蔵」、鉄板焼き「あれこれ」で焼きそばや串ものが買えますし、せっかく来たのだから名物を食べておきたいという場合には2階のレストラン「ダイニング 雷神」で「ひもかわうどん」を頂いてみるのも良いでしょう。

あとソースカツ丼も売っており、こちらも群馬県発祥という噂もあるプチ名物です。

初めて行った時には「しょうが焼きが美味い所は何でも美味い」という個人的なポリシーの下にこめ蔵のしょうが焼き定食を頂きました。開門直後に行ったので夕方を過ぎて小腹が空いてしまい、あれこれで焼きそばと串カツを購入して屋外スタンドで食べるという贅沢な一時。

 

おまけ:桐生名物はもう1つある

車で来た人にオススメという話になってしまうのですが、ボートレース桐生と新桐生駅を結ぶ道路の途中に「フライングガーデン」の1号店があります。主に北関東で展開しているレストランチェーンなのですが名物が「爆弾ハンバーグ」ということで、静岡名物となりつつある「さわやか」のハンバーグを思い出す方も居るかもしれません。

さわやかのげんこつハンバーグは静岡まで行かないと食べられないけど、北関東にはフライングガーデンの爆弾ハンバーグがある!という所だけ押さえておきましょう(?)

 

泊まる

桐生の宿泊事情はどうなんでしょう。実はその近辺に泊まったことはありませんが…近場で宿泊施設の選択肢がそれなりにある(ビジネスホテルが数件選べる)のは両毛線を小山方面に2駅行った桐生駅、そして両毛線を高崎方面に同じく2駅行った伊勢崎駅、あたりでしょうか。大体どこも4000~6000円と少しお安い価格で泊まれるようです。

参考リンク: 伊勢崎駅周辺のビジネスホテル(じゃらん)
参考リンク: 桐生駅周辺のビジネスホテル(じゃらん)

どちらの駅もボートレース桐生からは似たような距離感なので「空いている方」で良い気がしますが、伊勢崎には伊勢崎オートレース場もあるので「土曜日は桐生に行って日曜日は伊勢崎オート!」というような公営競技のハシゴをする人にはいいかもしれませんね。

伊勢崎オートではJRA/地方競馬の馬券も発売しているので、午前中のうちにここで馬券を仕込んで15時半のメインレース時にはボートレース桐生に居る、なんてことも可能です。もう何がしたいのかよくわからなくなりますが。